京都の田舎暮らしはREON > REON株式会社(レオン株式会社)のスタッフブログ記事一覧 > 錯誤に付いての法的解釈が変わりました」。

錯誤に付いての法的解釈が変わりました」。

カテゴリ:長谷川マネージャー
民法の変更にて錯誤の認識が変更していますのでご注意ください。
従前の契約では錯誤は無効となりましたが
今般の民法の変更にて錯誤は取り消しができる。に変わりました。
その即後についても、最初から明示していないと
削除として認定してもらえない形です。
住宅購入の際、線路から200m以内は絶対にいやとか
工場が300m以内にあったらいやだとか
小学校が500m以内にないとこまるとか
錯誤に付いての要件をしっかり明示していない場合
取り消すと事が難しいとお考え下さい。


≪ 前へ|★癒し★   記事一覧   ★増えました★|次へ ≫

マネージャー 長谷川信勝 最新記事



マネージャー 長谷川信勝

お客様が安心してご購入いただけますよう、しっかり法に関することを明確にし、安心した不動産取引のお手伝いを致します。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る

来店予約